u ふらーり明石ツーリング

03/07/10  ふら〜り明石ツーリング

少し余裕が出来たこともあって、カブで行ったことのない神戸方面へ行ってきた。

 

11時頃に家を出る。2年ぶりぐらいにハイオクガソリンを入れてみた。まぁこれといった意味はないけど気分転換になるかなっと思って。平日の大阪の国道はトラック、ダンプが多くて走りにくい。しかも今日は30度まで気温が上がって久々の暑さに朦朧としてくる・・・。

 

コンビニで休憩を取ってR43で神戸を目指す。車線数も多くてすいすい走れてあっという間に付きそう。そこでちょっと寄り道。

今年はきっと忘れられない年になるはず!小学校の頃からずっと阪神ファン!

今にも清酒の香りが漂ってきそうなお酒で有名な灘の酒倉。前に停めたカブがお店の配達用カブに見える・・・。

 

そして、すぐに神戸に着いた。

 

いつもお寺ばかり見ているので今日は西洋建築でも見ようと、偉人通りに行ったけど、一方通行でしかも道が狭くゆっくり見ることが出来なかった・・・。今度は電車で行ってゆっくり散歩しよう。でも一人は絶対イヤ。

 

でも神戸ってかなり急な坂が多くて山の手に住んでる人は大変だろなーって印象。

神戸の定番といえばやっぱりここ。なんとも投げやりな写真を撮って神戸を後にした。

久しぶりに磯の香りを感じながら海を左手にR2を走り明石に到着。立っているのがやっとの強風で大変だった。

写真では分かりにくいが、この橋薄い緑色である。やっぱり川崎カラーなのね。

日本史の教科書シリーズ「五色塚古墳」

奈良の古墳は木で覆われているものが多いが、五色塚古墳は作られた当時の姿に再現されている。しかも登ることも出来るので面白い。

「前方」

前方後円墳という形の古墳です。前が四角で後ろが円、上から見ると鍵穴の形のやつです。古墳から見た景色も最高にきれいでした。

「後円墳」

奈良は丘を見たら古墳と思えというぐらい古墳がごろごろしていて面白い。歴史を学び、現在を知る。歴史はロマンだ・・・(自己陶酔)

帰りは六甲山を通って帰ろうと思い、R428から六甲山を目指す。

登れば登るほど霧が・・・。数メートル先も見えないほど霧が出ている。

六甲からの夜景は絶景・・・どころじゃなく、必死で走行。

エアクリーナーに水が入ったのか、ぼこぼこ音がしてかぶり気味。

ここに来るまで天気も順調で快走してたのに・・・。そろそろ雨男ネタにも飽きてきたと思っていたら今回は濃霧かよ。。。

 

別にネタ作ろうと思っているわけじゃないんだけどさ、、、

やっぱりというか、宿命というか、宝塚に入ってからパチンコ玉大の大粒の雨が降り始めた。一瞬のうちに濡れていったけど、なんとか上下の合羽に身を包み走行再開。

 

淀川を越えると道も濡れていない・・・。全身合羽のカブ乗りは街でかなり浮いていたけど、脱ぐのもめんどくさかったのでそのまま家まで帰宅。

 

久しぶりの日差しでゴーグル後がくっきり。まるでスキー選手みたいになっちまったよ。

そんな夏の始まりの気まぐれツーリング。

 

走行距離 221km

Back