03/10/13 【雨の中】琵琶湖一周【ナイトラン?】


 

ボアアップ後は慣らし運転を1000kmしないといけない。毎日家から学校への行きかえりでも少し遠回りして距離を稼いできた。手っ取り早く距離を稼ぐにはやっぱりロングツーリングにかぎる。ちょうどいい目標が近畿にあった。

 

近畿の水がめ琵琶湖

 

初めてカブで遠出した地も琵琶湖であった。50ccから80ccに生まれ変わったカブではじめてのロンツーも琵琶湖で決まりだ。初めて行ったときは夏の日にテントを積んでゆっくり走り、日本海で1泊して1周した。そして今回なぜ背景が黒いかって言うと、、、

 

奈良から琵琶湖に出たのが午後4時って・・・おいおい

 

午前中、警報が出ていたほどの大雨で今日は無理だな〜って二度寝する。昼前に起きた時に雨が止んでいたので今から行く??と@ttuNN(以下あっつん)にメールすると、向こうも今起きたところで行く気満々。

 

2時に奈良を出て京都市内を抜け、R367で鯖街道を目指す。途中トンネルを抜けたあたりから止んでたはずの雨が降り始め、山を登るにつれて気温が下がり体温が奪われていく。朽木まで行く予定をあきらめ、R477で琵琶湖に抜けることにする。山を下ると雨も止み気温も上昇する。すっかり萎えてたやる気が復活する。

 

冬にスキー・スノーボードをするために琵琶湖バレイや函館山に行く時にいつも通る(もちろん車)R161を北上する。途中大きな虹を見た。雨上がりの後の青空に琵琶湖にかかる大きな虹。あれほど立派な虹をみたのは初めてかもしれない。しばらく走るとどんどん日が傾き始め辺りは薄暗くなってくる。風車のある道の駅しんあさひ風車村の喫茶店でコーヒーを飲み冷え切った体を暖め東京への自走についてあれこれ話し合う。

 

ほぼ確信犯的に日がどっぷり暮れてから出発した。北上するにつれて止んでいた雨が降り始め強くなってくる。このツーリングのハイライト奥琵琶パークウェイに突入する。これ楽しいのか??という疑問を振り払いながら連続のコーナリングを真っ暗な雨の中走り抜ける。頂上付近で琵琶湖への展望が開け、うっすらと琵琶湖周辺の夜景を見ることができた。

 

琵琶湖の東側に出てR8→r2(さざなみ街道)にたどり着くと速い速い。今のカブなら車の流れに乗ってどんどん距離を進むことが出来た。r2に入る前にR8上の長浜市でラーメンを食べた(店の名前忘れる)。ふ〜っと、ラーメンを食べ終え体を温める。さて、次のラーメン屋に行くか〜って席を立つ・・・。ツーリングの目的が琵琶湖一周ってことをこのへんですっか忘れ、ラーツー(ラーメンツーリング)に変わってた・・・。

 

さざなみ街道は信号もほとんどなく、琵琶湖を見ながら走れる(真っ暗(;´д`)トホホ)快走路。本当に何もない道だ。トイレに行きたくても何キロもコンビニもない。ガゾリンがリザーブになってもガソリンスタンドもない・・・。ほぼガス欠の状態でR1に到着。ここまで来て改めて琵琶湖一周があっという間であったと実感する。

 

帰りに京都で大好きな第一旭本店でラーメンを食べ奈良の住家に帰った。気づいたらすっかり全開走行してた気がする。1000km行ってないけどもう慣らし運転終了でいいかな(適当)。

 

後写真なんて撮ってないよ。雨だし夜だし。悲惨だし。。。

 

 

走行距離

300kmぐらい?


Top