04/01/04〜11  我流腰上オーバーホール

     最近なんだか調子が悪い

     かつての元気がない

     信号で止まるとエンジンも止まる(アイドリングストップは環境に(・∀・)イイ!!)

     走っているとオイル臭くて、オイルの減りが早ーい。

     走行距離がかなり多い

     なんだかキックが軽いぞ〜

     なんだか燃費が下がっているぞ

 

そんなあなたに養○酒

そんな人は一度パンドラの箱(シリンダーヘッド&ピストンシリンダー)を開けてみては?

 

ここまでは一度ボアアップしているのでさくさく分解。

写真も使いまわし。

ここまでだったら車載工具でもできちゃうもん。

 

一番初めにエンジンを開けるときはかなり勇気が要るけど、

一度やってしまえば何の抵抗もなくできてしまうのが怖い。

 

左がKEIKUNさんにいただいたノーマルヘッド。

夜な夜な砥石をつけたドリルで吸入口を拡大したもの。

 

右は今回取り外した4万キロ走行のヘッド。

いろんな汚れで真っ黒。

 

汚れはあの手この手を使って、最後は一緒にお風呂へ・・・(*´ェ`*)

シリンダーヘッドの具(中身)をばらす。

右上のロッカーアームを取り外し、右下のカムシャフトを抜き取る。

 

組み上げるときにはロッカーアームとバルブのすきまの調整(タペット調整)に必要なすきまゲージと調整用の専用工具(タペットレンチ&タペットアジャストレンチ)が必要。

カブは4バルブエンジン(ウソ)

 

このバルブを抜くときにバルブコンプレッサーが必要。

でも特殊工具って高価なものばかり。

 

そこでバルブコンプレッサーもどきを自作。

家にあったステー×2+買い足したステー+ダイソーのF型クランプ

 

  

ステーでバルブスプリングを押さえこみ、

バルブを止めているバルブコッターをピンセットで外せばバルブは取れる。

 

 

バルブが取れたらたこ棒にくっつけて、

コンパウンドを塗って火をおこす要領ですり合わせる。

  

これで排気漏れが軽減されるはず。

 

 

ヘッドの次はピストンとシリンダーをチェックして、

問題がなかったらばらした逆の手順で組み上げて終了。

もちろんガスケット類は交換しませう。オイル漏れの原因になるし。

 

でもボアアップしたエンジンは多かれ少なかれオイル漏れはあるらしい。よ。

 

Back   Top