03/11/8 今週もまた鈴鹿〜?鈴鹿スカイラインに紅葉狩り


日ごろ何気なく使用している国道。

 

あなたは思ったことありませんか??

 

この道はどこまで続いているんだろう?道の先には何があるんだろう?

 

どんな景色が広がっていて、どんな街を通って、自分をどこに連れて行ってくれるんだろう?

 

身近によく使うR168、R24、R1、R163・・・。

 

R168=大阪から奈良を縦断して和歌山新宮に続く道。

 

R24=京都から和歌山市に続く道。

 

R1=大阪から東京に続く道。

 

R2=大阪から山口県下関に続く道(番外編)。

 

そんな国道シリーズ第×○段!(いつからシリーズ化??)

 

今回は国道163線

 

見慣れた道を過ぎると、そこからは知らない未知の国道。

木津川沿いの気持ちのよい道を過ぎ上野を過ぎると、伊賀街道に差し掛かる。

 

 

林の中のワインディングをすぎると出口が遠くにぽっかり見える真っ暗なトンネルに遭遇。

ここを過ぎるとすぐに終点津市に到着する。

 

 

津市からは先週の夜に往復したR306で鈴鹿を目指す。

透きとおる秋晴れの中、たくさんの登山者がひしめき合っている。

 

 

11月になったのに山頂付近にさしかかっても秋の日差しで暑いくらい。

 

 

鈴鹿スカイラインを下りた後、琵琶湖にも寄ろうと思ったけど、

R307で最短ルートを選択。途中紫香楽宮跡で休憩。

古都の面影は森の中にある柱の土台である礎石のみ。

 

 

適度な距離のソロツーリング。

太陽が沈む前に学校に到着。

しばらく休憩の後イエカブナイトランに向かうのであった。

 


Back    Top